このサイトの「用語解説」

バイオスフィア

生物圏、生活圏。人間が生きていくために必要な、水や空気や食料を生み出せる空間(エリア)のこと。
言い換えれば、「永遠に生産を続けられる空間」。このサイトでは、主に「自給自足圏」という意味を込めています。

バイオ資源

生きていくために不可欠な水や酸素、木材を生む森林と、食料を生む農地のこと。これらのバイオ資源を使って太陽エネルギーを食物エネルギーに替える仕事が「農」。したがって農業や林業のノウハウを持つ農林漁業の人材も重要なバイオ資源となります。

バイオ資源ポイント

全国1777市町村ごとに「森林+農地+農業人財=バイオ資源の量」を算出したもので、“地域ごとの自給自足可能度”を数値化しています。

算定方法はこちら

アクションポイント

農地資源とそれを取り巻く農村環境の保全活動を地域別にポイント換算したもの。
日本の「バイオ資源」は、現在も激しい勢いで減少を続けています。これを守るのは住民の皆さんの価値観や保全活動にかかっていると言っても過言ではありません。
全国各地で行われているバイオ資源を守る活動を「アクションポイント」として、活動内容や参加人数から算出し、保全活動に対する地域の「意識」の高さ、理解、盛り上がりを数値化しています。

算定方法はこちら